さいたま市の浦和、東浦和地区、極真空手道極真館さいたま環状支部です。道場責任者:山本衡俊。館長:廬山初雄。真の武道空手を追求、青少年育成。幼年部・少年部・女子部・一般部有り。

武道空手の探求、青少年の健全育成を目標に指導しています。

お問い合わせ

TEL.080-5694-6616(山本)

一本組手

一本組手

空手の稽古で重要や位置を示す一本組手

地味で硬いイメージがありますが、この稽古のなかで相手と自分との中心を結ぶ線の意識、身体内のぶれない基準、呼吸の合わせ方、受けの強さの要素、間を制する空間感覚、反撃のタイミングなど、沢山の内容が含まれています。

空手に先手なし

受けから始まる空手の稽古は自ら先に相手を攻撃しないとの精神的意味もあるとおもいますが、相手に攻撃を出させてそれを受けで崩し自分の反撃の効果を最大限に活かしてる意味もあるのではないかと、次ぐ次ぐ思うところであります。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>