さいたま市の浦和、東浦和地区、極真空手道極真館さいたま環状支部です。道場責任者:山本衡俊。館長:廬山初雄。真の武道空手を追求、青少年育成。幼年部・少年部・女子部・一般部有り。

武道空手の探求、青少年の健全育成を目標に指導しています。

お問い合わせ

TEL.080-5694-6616(山本)

10月

立つことは難しい

最近、私自身が真っ直ぐ立つことの難しさを実感しています。

人は立って日常生活をしていますので何が難しいと思うかもしれません。

しかし、西洋的な、言わば”気をつけ”、立ち方だと武術的な真っ直ぐにはならないことです。

人間の背骨はS字に曲がっています。このS字の部分があるから上下を自由に動かすことが出来るのです。
武術では腰のS字をなくし、上下を一つにまとめることが大切です。

image

普段の生活の姿勢とは異なりますので、意識することも、その姿勢を作ることも難しいです。

武術の立ち方の練習、自分の体に気を配ってどのように体を保つかのイメージが大切です。

image

じっくり時間をかけ、作っていくことが一番の練習法です。

体の基準を作る

もう何年も同じことをさせているんだろう?

image

道場での指導の内容は何時も同じことをさせています。
それが本当に大切だと思っているからです。

退屈に感じないように、やり方を少しずつ変えながらやっているのですが、

一貫して同じことを教えています。

image

地味で単純な稽古ですが、教わる側も飽きずによく頑張っています。

単純な稽古であるからこそ修正が出来る、複雑な動作の方が修正しかたく上達するのが難しい。

稽古とは、沢山のものを集めることではなく、要らない部分を削ぎ落とすことである。

image

秋季錬成大会

岩槻の槻の森スポーツセンターにて秋季錬成大会が行われました。

今回の試合は前回よりいい内容の試合が出来ました。

試合の内容に関しては他の支部の先生方からも高い評価を受けました。
これからも更なる発展の為に頑張っていきたいと思います。

入賞者は
小学2年男子の部 第3位 小澤 大和
小学6年女子の部 準優勝 赤川 美乙
高校生上級の部 優勝 和多 勇紀
おめでとうございます。

image

image

image

image

image

新たな黒帯

今回、昇段に合格した根岸君。

勉強や部活で忙しいなか、時間を作って稽古に参加しました。

元々真面目な性格で、型の稽古の時も一回のアドバイスですぐに直せる優秀な生徒です。

組手の稽古は大人の人と苦しいなかで耐えて行いました。

根岸君が黒帯になって本当に嬉しいです。
これからも更に精進して下さい。おめでとうございます。

image

image