さいたま市の浦和、東浦和地区、極真空手道極真館さいたま環状支部です。道場責任者:山本衡俊。館長:廬山初雄。真の武道空手を追求、青少年育成。幼年部・少年部・女子部・一般部有り。

武道空手の探求、青少年の健全育成を目標に指導しています。

お問い合わせ

TEL.080-5694-6616(山本)

10月

北海道空手選手権大会

先日、10月20日は北海道空手選手権大会に招かされ、試合の手伝いに行って来ました。

総勢、150名が参加する大会で、年々選手が増えているそうです。

試合の感想は、一言で言うと「凄い!」です。

まず、戦い方が同じスタイルではなく個性があって、間合いを計り相手の失敗を誘って崩す高等な戦法を使う選手(少年部)が多かったのです。

そして相手の懐に入ったら腰を重く落とし一気に攻撃をする選手も沢山いました。その腰の重さ、姿勢のよさにビックリしました。

個性の強い選手が沢山いまして、試合が終わった後にも印象に残る選手が多かったです。

今回の大会は自分自身もかなり勉強になりました。

最後に北海道大会に呼んで下さった小阪仁志支部長をはじめ、大会の準備、運営して下さった北海道支部の皆さんに感謝いたします。ありがとうございました。

DSCN8036 DSCN8037 DSCN8041

私の弟子達に感謝です

先週の土曜日、秋季練成大会がありました。その試合で私はCコートの責任者の役割が割り振られました。

困ったことにうちの支部の一般部は自営業の人が多くて、女子部以外はなかなか試合の手伝いに来れない(女子部の皆さん感謝です!!)です。

しかし、今回はコート責任者なのに支部からお手伝いが一人もいないなら、他の支部のお手伝いの方に申し訳ない、と思っていました。

そこで、少年部から一緒に稽古して一般部にあがった中学生、高校生の弟子達に頼んだところ、3人の弟子が手伝ってくれました。

それも休みの日を潰して、一生懸命に手伝ってくれました。

他の支部の人達も「山本さんのところの生徒さんは偉いですね。うちの子達は手伝ってくれないんです」と言ってくれました。

その言葉がとても嬉しかったです。この子達を誇りに思いました。

私のところの練習生が私のことを自分のことのようにやってくれる、ささいなことかも知れませんが、私は何よりも嬉しかったです。ありがとうの一言です。

私が教え子を「弟子」と呼ぶのは偉そうで生意気なことかも知れませんが、私の教えことを大切に守ってくれて、私に親しがってくれるこの子達を「弟子」と呼ばずに何と呼ぶのでしょう。

DSCN8009

松田君、大澤君、鈴木君ありがとう!

DSCN8010

大澤 紗英ちゃん

中浦和道場に在籍している大澤紗英ちゃん。

小柄だけど抜群のバランス感覚と軸の強さをもっています。

この回し蹴りは支部一番です!

DSCN8000

DSCN7999

DSCN8001