さいたま市の浦和、東浦和地区、極真空手道極真館さいたま環状支部です。道場責任者:山本衡俊。館長:廬山初雄。真の武道空手を追求、青少年育成。幼年部・少年部・女子部・一般部有り。

武道空手の探求、青少年の健全育成を目標に指導しています。

お問い合わせ

TEL.080-5694-6616(山本)

未分類

武術っていいですね

私ことですが、昨年の秋、今お世話になっている刀禅の兄弟子の繋がりで中国武術義龍会主催の日式散打全日本拳王杯大会に出場しました。

刀禅の小用先生に教えて頂いた身体の基準や極真館盧山館長から教えて頂いたことがどのぐらい出来るのか試して見たかったです。

結果的には重量級優勝と最優秀選手賞を頂きました。

これからも課題が沢山あるものの、この先も変わらず両師のもとで頑張って稽古すればいいと思います。今までのご指導ありがとうございます。これからも宜しくお願い致します。

この試合の為に組手パートナーをしてくれました深川さんと池田君に喜びを分かち合いたいです。

本当にありがとうございました。

総本部強化稽古

3月525日、極真館総本部にて青少年日本代表の稽古が行われました。

埼玉県比企支部の山田先生の指導で2時間30分の稽古でした。指導内容がとても良く、私も大変勉強になりました。

厳しい内容の稽古も楽しく行う皆の姿を見ると、皆は心から空手が好きだと感じました。

錬成大会優勝

3月11日、岩槻市槻の森スポーツセンターにて春季錬成大会が行われました。参加した選手は意欲的に稽古に取り組みましたが、後少しのところの試合が多かったです。 次に繋がるようないい内容の試合が沢山ありました。今回は赤川さんが錬成大会初優勝、型錬成大会3位の素晴らしい成績を残しました。錬成大会は何回も後一歩のところで優勝できなかったですが、あきらめず挑戦を続けて見事に優勝出来ました。おめでとうございます。

春季審査

3月10日さいたま環状支部の春季審査を行いました。

前回に比べて浦和、東浦和ともに基本や型がとても上手になり、組手も強くなりました。

今回の審査は4才に入門して10年目の池田 紘弥君が黒帯の審査に挑戦しました。

厳しい審査内容を黙々とこなし、10人組手の相手は全員大人が相手でした!

審査を無事に終え、支部には10人目の黒帯が誕生しましま!

合同稽古

2月11日、さいたま市美園コミュニティーセンターにてさいたま環状支部、東川口戸塚安行支部の交流稽古を行いました。

道場の仲間だけでの組手では技術が固定化されやすいですが、他の支部との組手は上手くいかなかったり、新しい対策を立てたり、良い刺激になります。

今回も大変良い経験をしました。

次回も楽しみです。

総本部鏡開き

1月8日、極真館総本部にて2018年鏡開き稽古が行われました。

今年一年も武道空手の追及、元気で明るく稽古します!


キューポラ大会

毎年恒例のキューポラ大会が戸塚安行スポーツセンターにて行われました。

今回は9名参加しました。3人が入賞しました。

小学2年男子優勝 柳田 隼之介

小学6年女子準優勝 山口 なは

中学2.3年生男子3位 池田 紘弥

おめでとうございます。短い準備期間で良く頑張ってくれました。

今回負けた生徒も次回、また挑戦すると気合いが入っています。皆、次に繋がる試合が出来た事が何よりも嬉しいです。